読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イシダイは簡単には釣れない だからこそ釣り人も熱くなる

イシダイ野郎とも呼ばれる石物師達は、脇目もふらずにイシダイを追い求めます。

しかしこの魚は数年間磯に通っても、一度も釣れない事もある魚です。

極めて釣るのが難しい事は覚悟しておいてください。


・竿と仕掛け 
ハリがかかったイシダイは根に逃げようとします。

そこで、根に行かせる前に強引に相手を浮かせる必要があります。

ですから強い調子のイシダイ専用の竿が必要です。リールも力のある両軸リールを準備します。

仕掛けは根がかりに対応できるように捨ておもり式が一般的です。

ハリスと糸先は根ずれして切れる事がないようにワイヤーを使用します。

とにかく全体的にごつめの仕掛けになります。

エサはサザエやトブコシ、イセエビ、ウニなど。

なかなか高級なエサです。1回釣りに行くのにかなりの費用がかかります。


・入門者はベテランと一緒に行こう
イシダイを釣りたいなら、まず釣り場の海底の状況を熟知している事が大事です。

さらに仕掛けのつくりから磯での竿のセットの方法、アワセ、やり取りまで熟練している人でないと難しいです。

なのでベテランに同行して教えてもらう方が早いです。

3㎏を超すイシダイの場合は引きも強烈です。

竿を立てる事さえできない可能性があります。

イシダイは釣るのが難しくお金もかなりかかる釣りになります。

釣れなくてもしょうがないくらいかに考えて、むしろロマンを釣りに行くつもりでいましょう。